ユークロマプラスを正しく使う

7月 18, 2019

\90秒で注文完了/ユークロマプラスの購入はこちら
ユークロマプラスはシミやニキビ跡などの色素沈着を薄くしてくれる美白クリームです。

病院でもユークロマプラスと同一成分の外用薬が取り扱われているので、その効果は期待できます。

ただし、せっかく素晴らしい商品でも間違った使い方をしていれば効果は半減してしまいます。

ここではユークロマプラスを効果的に使うために、正しい用法用量をお教えします。

 

ユークロマプラスの基本的な使い方

クリームのイメージユークロマプラスはチューブに入ったクリーム状の外用薬です。

シミ、ニキビ跡、そばかすなどの気になる部位に塗布しますが、使用前に必ずパッチテストをしてください。

パッチテストは目立たない部位へ少量塗り込み、24時間様子を見てください。

赤み、腫れ、痒み、痛みなどがなければ問題なく使用できます。

 

ユークロマプラスは1日1回、就寝前にスキンケアが全て終わった後に気になる部位へ塗ってください。

塗布範囲が小さい場合には麺棒を使用すると塗りやすいです。

 

また、使用中は皮膚がいつもよりも敏感になりやすいので、しっかりと保湿対策を行なうようにしてください。

 

どのくらいで効果が出てくるの?

時間のイメージユークロマプラスを使用して効果が出るまでには個人差があります。

塗布してすぐに変化が現れるわけではありませんが、継続することで徐々に効果が現れてきますので諦めずに毎日使用してください。

効果が現れるまでの期間は平均で6週間。もしも、3ヶ月使用して効果が見られない場合には使用を中止してください。

 

使用上の注意

ユークロマプラスは美容成分のハイドロキノンとトレチノインの他に炎症を抑えるモメタゾンが配合されています。

そのため、比較的副作用は起こりにくいとされていますが、ユークロマプラスも医薬品なので副作用が起こるリスクはゼロではありません。

起こり得る副作用には皮膚の刺激や炎症などが挙げられますが、使用方法によっては副作用を軽減できます。

 

メイクが崩れやすくなる

ユークロマプラス使用中はお肌のターンオーバーが活性化されますので、化粧崩れを起こしやすいです。

そのため、ファンデーションなどは厚塗せず、すぐに化粧直しができるコスメを持ち歩くようにしましょう。

BBクリームやCCクリームなどのお直しが簡単で肌に負担がかからないアイテムに変えてみるのがおすすめです。

 

スキンケア用品の見直し

お肌のターンオーバーが活性化されると、古い角質が剥がれて新しい細胞に生まれ変わるので肌が敏感な状態になります。

そのため、なるべく刺激の少ないスキンケア用品を使用しましょう。

現在使用しているスキンケア用品にアルコールが配合されている場合、皮膚に染みてピリピリする恐れがあるので、敏感肌用や低刺激の商品に変えましょう。

 

紫外線対策はバッチリと

ユークロマプラス使用中はお肌が敏感になるので、紫外線の影響も受けやすくなります。

少しの刺激でもダメージは大きくなるので、外出時には紫外線対策は欠かせません。

紫外線は1年中降り注いでいますので、日焼け止め、帽子、サングラス、マスクなど徹底して肌を守りましょう。

 

長期間連続での使用は避ける

非常に美容効果の高い美容クリームですが、耐性ができやすいので長期間連続での使用はできません。

連続で使用するのは最大3ヶ月間、その後は2週間使用を中止してください。

中止している間は美容効果が得られなくなりますが、連続使用していると今後効果が薄れてしまいます。

2週間使用を休めば再度3ヶ月連続で使用できますので、効果を持続させるためにも必ずサイクルを守って使用してください。

 

体の内側からも美肌対策を

食事のイメージユークロマプラスを使用すれば手軽に美肌を目指せますが、医薬品の力だけに頼らず自分でも美肌に近づけるよう対策をしましょう。

夜更かしはしない、食事は野菜中心にする、適度に運動する、ストレスを溜めない、タバコはやめる…これらを意識するだけでもお肌も体も健康に近づくでしょう。

\90秒で注文完了/ユークロマプラスの購入はこちら

Uncategorized

Posted by admin